アメリカン・スナイパーの魅力!戦争で受ける心の傷が分かる映画。

アメリカンスナイパーは2014年に公開された、イラク戦争を軸に描いた戦争映画です。

かつてアメリカに実在した凄腕のスナイパーであるクリス・カイルの戦場での戦いと、家族のために生き続けた父親としての姿が描かれています。

戦場で英雄として、戦い続ける凄腕のスナイパーとしての演出はもちろん、戦場での兵士達の心の傷もしっかりとメッセージとして組み込まれた映画です。

今回の記事では、そんな映画アメリカンスナイパーの魅力や、みどころを紹介していきます。

映画アメリカンスナイパーのあらすじ

イラク戦争に出兵したアメリカの特殊部隊ネイビー・シールズのメンバーであるクリス・カイルは、戦場で次々に敵を狙撃していきます。

テロリスト達の攻撃によって苦戦する仲間達をよそに、クリスは次へ次へと、敵を排除していくのです。

クリスのお陰で部隊は立て直し、形勢逆転に思われたが、敵の狙撃手であるムスタファーが現れ、戦場は更に深く血みどろの戦いに落ちていきます。

アメリカンスナイパーのみどころは?

実在したスナイパーを基に描かれている

アメリカンスナイパーは、かつて実在したクリストファー・スコットというアメリカ軍の狙撃手の人生を描かれています。

・兵士としての強さや狙撃手としての実力

・体の変化や病気

・退役後の行動

など様々な様子が、細かく再現されているので、本人の人生の総集編を作り上げたといっても過言ではない映画といえるでしょう。

また、クリストファー・スコット(映画ではクリス)は、1996年から2009年までの13年間で4回イラクに出撃しているのですが、映画でも同じように何度も戦場に舞い戻る様子が描かれているのです。

クリストファー・スコット

アメリカ軍の特殊部隊ネイビーシールズの元メンバー。

1996年~2009年までイラク戦争に4回出撃し、300人以上の狙撃を成功させている英雄。退役後も民間軍事会社を経営し兵士を育てる立場として、活躍した。

戦争によって受ける心の傷と変化が分かる

この映画は、戦争によって兵士が戦場で受ける心への傷も詳しく描写されています。

戦争映画というと、砲撃や銃撃によって悲惨な傷を負う様子がメインで描かれいるのが特徴的。

ですが今作では他の戦争映画とは対照的に、兵士の心の傷に要点を充てているのでうす。

実際に弱音を吐く新米兵士や、主人公であるクリス自身の戦場での心の疲れなどが細かく描かれています。

英雄であっても、心は傷ついていくという、リアルな様子が見れるのはこの映画の醍醐味です。

家族を体制にする一人の兵士の人生

英雄としてだけでなく、一人の父親としての姿が描もこの映画で描かれています。

戦場では英雄の狙撃手でも、帰国すれば家族のために庭でホームパーティーを開いたり、ドライブに出かけたりする家族思いのクリスの様子が見れるのです。

戦場では英雄を、家では強くカッコイイ父親へと切り替えをできるその様子は、物事や場所での言動の切り替えの大切さを学ばせてくれます。

アメリカンスナイパーの感想

アメリカンスナイパーを見る方法

無料で見るならUNEXTがおすすめ

無料でシンゴジラを見るなら、UNEXTがおすすめです。

月額料金だけ見ると高く見える、UNEXTですが、初回の無料期間は31日と長く、他にも沢山の映画を楽しむことができます。

無料期間中に解約した場合、料金の支払いは発生しないので、無料期間で他のスティーブン・スピルバーグ監督の映画も楽しめるからですね。

UNEXTの特徴

  • 無料期間がなんと31日
  • 無料期間中に解約するとダダ!
  • 見れる動画コンテンツは20万本以上
  • 他の映画も見放題

ゴジラの映画が好きなら、ぜひ使って欲しいサービスと言えるでしょう。

UNEXTに関して更に知りたい方は、「UNEXTの詳しいサービス内容について詳しく解説!」

をご覧ください。

まとめ

今回の記事では、アメリカの戦争映画であるアメリカンスナイパーにつて紹介していきました。アメリカンスナイパーは、最強の英雄として語り継がれる実在したスナイパーを基に描かれた、兵士の心の傷や場所ごとに言動や役割を切り替えるべき大切さが分かる映画です。

気になる方は、ぜひ一度見てみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です