帰ってきたヒットラー!映画のあらずじ&みどころを紹介

帰ってきたヒットラーは、2015年に公開されたドイツ映画です。

独裁者であったヒットラーが、現代にタイムスリップしてきたという映画です。

タイムスリップ後、ある出会いをきっかけにヒットラーはヒットラーのモノマネをするお笑い芸人としてテレビに出現し注目を集めて行ってしまう・・・というコメディ映画です。

今回は、そんな歴史上の人物であるヒットラーを取り上げた、コメディ映画「帰ってきたヒットラー」を紹介していきます。

帰ってきたヒットラーのあらずじ

ドイツにある公園の一角に、突如ヒットラーがタイムスリップ!

1945年からタイムスリップしてきた、ヒットラーは2014年のドイツの公園の一角で目覚めます。

見慣れないドイツの町の様子に、戸惑うヒットラーは新聞を手に取り2014年にタイムスリップしまったことをるのでした。

戸惑うヒットラーでしたが、ある時ヒットラーにそっくりな人がいるとテレビのディレクターに発見され、テレビ出演することになるのです。

現代にタイムスリップしたヒットラーは、モノマネ芸人としてテレビ出演することになり、徐々に注目を集めるようになっていく

帰ってきたヒットラーのストーリーをザックリ紹介すると、こんな感じです。

帰ってきたヒットラーの面白い3つのみどころ

みどころ①現代の暮らしに慣れないヒットラー

独裁者であるはずのヒットラーが、現代の暮らしに慣れずにアタフタする様子はみどころです。

ヒットラーが必死に、インターネットの使い方を覚えたり、Eメールの打ち方を覚えたりするために奮闘するのです。

Googleの使い方が分からなくて、苦戦するヒットラーの様子はジョークそのものですね。

みどころ②歴史が元ネタのヒットラーのジョーク感

ジョークの内容はヒットラーが、歴史上にしてきたことを元ネタにしています。

電撃戦やアウトバーン建設など、ヒットラーのしてきたことを知っていると元ネタが分かって更に楽しむことができるでしょう。

モノマネ芸人と勘違いされて、テレビ出演することになるヒットラーのかましていくジョークは、確かに映画を見ていて笑ってしまいました。

電撃戦

ヒットラーが得意とした戦争の戦術で、電撃のような早い速度で敵を攻撃する方法のこと。

 

アウトバーン建設

アウトバーンは、ドイツにある巨大な高速道路でヒットラーが建設させた物です。

高速道路&飛行場として使う為に作った物で、現在も存在しています。

みどころ③他のヒットラー映画のオマージュ

他のヒットラー映画のオマージュシーンも多数登場します。

作品の中でテレビ局が問題を抱えるシーンがあるのですが、そこがヒットラー最後の12日という映画の有名シーンをオマージュしていました。

オマージュの元ネタは、ニコニコ動画やYouTubeで「総統がお怒りの様子です」と調べれば見ることができます。

かなり有名なシーンなので、既に知っている方も多いかもしれませんね。

帰ってきたヒットラーの感想

 

帰ってきたヒットラーを視聴する方法

無料で見るならUNEXTがおすすめ

無料でシンゴジラを見るなら、UNEXTがおすすめです。

月額料金だけ見ると高く見える、UNEXTですが、初回の無料期間は31日と長く、他にも沢山の映画を楽しむことができます。

無料期間中に解約した場合、料金の支払いは発生しないので、無料期間で他のスティーブン・スピルバーグ監督の映画も楽しめるからですね。

UNEXTの特徴

  • 無料期間がなんと31日
  • 無料期間中に解約するとダダ!
  • 見れる動画コンテンツは20万本以上
  • 他の映画も見放題

ゴジラの映画が好きなら、ぜひ使って欲しいサービスと言えるでしょう。

UNEXTに関して更に知りたい方は、「UNEXTの詳しいサービス内容について詳しく解説!」

をご覧ください。

まとめ

今回の記事では、帰ってきたヒットラーに関するあらすじやみどころを解説してきました。

帰ってきたヒットラーは、歴史や過去のヒットラー映画を元ネタにしたジョークを連発するコメディ映画です。

歴史を知っていると更に深く楽しむことができるので、ぜひ一度見てみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です