映画バクマンの見どころは?主題歌や皆の評価!キャスト情報も解説。

映画バクマンに関してお調べですね。

映画バクマンは、2015年に公開された実写映画で、ジャンプ漫画を基に作られています。

今回の記事では、映画バクマンの基本情報やみどころそして、視聴者の感想や口コミを徹底解説!

これを読めば、バクマンがどんな人におすすめな映画なのかわかるのでぜひ最後までご覧ください。

映画バクマンの基本情報

映画バクマンの上映時間やおすすめ度など、基本的な情報をまとめました。

今回紹介する、映画バクマンの基本情報は以下の通りです。

タイトル バクマン。
上映時間 119分
公開年 2015年
製作国 日本
おすすめ度 ★★★★☆

この映画は、漫画家を目指す中学生が成長しながらも、ジャンプでプロの漫画になるまでの物語を描いた青春ストーリーです。

原作はもちろん、「バクマン」というジャンプ漫画が元になっています。

映画バクマンのキャスト

バクマンの製作に関わったキャストや監督などを紹介!

今回紹介するバクマンに関わったキャストの一部を表にまとめました。

詳しいキャストは以下の通りです。

監督・脚本 大根 仁
原作 大場 つぐみ
真白 最高 佐藤健
高木 秋人 神木隆之介
新妻 エイジ 染谷将太
小豆 美保 小松菜奈

キャストに関して、過去の作成や代表作は下記をご覧ください。

大根仁

テレビドラマの演出家であり、映画監督でもある。

モテキ、打ち上げ花火下から見るか?横から見るか?などの製作に関わっている

大場 つぐみ

ジャンプにで、デスノート、バクマン、プラチナエンドなどを手掛けた日本人作家

映画バクマンの主題歌

バクマンの主題歌は、サカナクションが造り上げた「新宝島」という曲です。

映画のエンディングにも採用されており、バクマンの世界観にあった仕上がりになっています。

作成を担当した、サカナクションは、この曲の作成に半年をかけており、かなり気合いを入れて作成に望んだようです。

映画バクマンの見どころ

今回紹介する映画バクマンの見どころは、どんな所なのでしょうか。

今回の映画でぜひ注目して欲しいみどころは以下の通りです。

  • 映画バクマンの冒頭シーン
  • 漫画を書いていくバトルの描写
  • 映画バクマンの子役の演技

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

映画バクマンの冒頭シーン

映画バクマンの冒頭シーンの、引き込まれるような早口の語りに注目です。

冒頭シーンでは、日本の漫画の歴史に関してわかるのですが、このシーンを見ると「少年ジャンプ」

ってそんな歴史があったんだ!と分からせてくてます。

様々な歴代の漫画も当時するので、ぜひこのシーンは見逃さずに見て欲しいですね。

漫画を書いていくバトルの描写

映画バクマンの見どころの1つは、なんといっても漫画を書いて話を作り上げていくシーンが迫力がります。泉のように湧いてくるアイデアを熱意を持って、ペンに込めるシーンは。良い意味で泥臭い漫画家という雰囲気がでていました!。

それと同時に、漫画家の大変さを分からせてくれるシーンでもあります。

映画バクマンの子役の演技

映画バクマンの子役の演技にも注目です!。

主人公である真白の子供役として「田中光希くん」の演技もとても良かったです。

役者である「田中光希くん」自身が漫画を書くのが好きだそうで、映画のシーンでは本当に原作漫画にでてくる真白のように、「漫画大好きな小学生!」って感じが凄くでていました。

このシーンはぜひ、映画のなかで確認してみてください!。

映画バクマンの個人的な感想

個人的な感想としては、終わり方が少し中途半端だったかなと思いました。

もちろん、1本の映画で最後までいくのは難しいのがバクマンのボリュームですが、個人的には「偽探偵トラップ」とか「PCP」を書くシーンまでは、見たかった!と思っています。

もし続編が出るなら、ぜひ期待したいですね。

映画バクマンの皆の口コミ

ここまでは、映画バクマンの概要やみどころを紹介してきました。

ここからは、映画バクマンを実際に見た人の感想を紹介していきます。

実際に映画バクマンを見た人達の感想は以下の通りです。

SNSの口コミ1.漫画家って凄い!

SNSの口コミ2.泣きそうになる

SNSの口コミ3.一番好き

まとめ

今回は映画バクマンに関する、主題歌や監督などの基本情報そして、みどころに関して紹介してきました。

今回紹介した映画バクマンは、動画サービスのU-NEXで追加ポイント無しで見ることができます!

気になる方は、ぜひチェックして映画バクマンの世界を体感しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です