映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の評価は? 前作とのつながりや見どころも調査!

2020年2月に公開された映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」は、興行収入19.6億円超の大ヒット映画「スマホを落としただけなのに」の続編。

志賀晃さんのミステリー小説を映画化したものです。

前作今作ともにSNSで話題ですが、その評価はどうなのでしょうか?

今回は前作を観ていない人でもこの映画を楽しめるよう、見どころをまとめました!

「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の基本情報

タイトル

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

上映時間

118分

公開年

2020年

製作国

日本

おすすめ度

★★★★☆

キャスト・監督など

監督

中田秀夫

脚本

大石哲也

主演

千葉雄大

ヒロイン

白石麻衣

注目人物(前作から続投)

成田凌

中田英夫監督は、映画「リング」など数多くのホラー、サスペンス映画を手がけています。

本作はそんな中田監督の最新映画で、スリル・迫力満点の映画となっています。

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の前作とのつながり&あらすじ

前作では主人公である麻美(北川景子)が、彼(田中圭)がスマホを落としたことをきっかけに黒髪ロングの女性ばかりを狙った連続殺人事件に巻き込まれてしまいます。

ちなみに犯人の動機は昔自分を虐待した、今は亡き母親への恨みを晴らすためというもので、その母親が黒髪ロングだったということです。

この事件を追った刑事の加賀谷(千葉雄大)が、最終的に犯人の浦野(成田凌)を捕らえ、事件は終息しました。

本作では、前作で刑事として活躍した加賀谷が主人公となっています。

前作で解決したはずの事件ですが、同じ場所でまたしても遺体が見つかったことを発端に、加賀谷が前作での殺人鬼浦野の協力を得て事件に迫っていくというものです。

ちなみに前作に出演した北川景子さんと田中圭さんは、本作でも特別出演されています。

「スマホを落としただけなのに-囚われの殺人鬼-」の見どころ

見どころは以下の通りです。

見どころ1.浦野(成田凌)の怪演技

見どころ2.刑事 加賀谷の過去

見どころ3.キャストの個性豊かさ

順に紹介していきます!

見どころ1.浦野(成田凌)の怪演技

この映画を見て誰もが圧倒されること間違いなしなのが、前作で殺人鬼・浦野を演じ、今作も続投された成田凌の怪演技です。

浦野の人間離れした仕草や表情に恐怖を感じつつも、思わず見入ってしまいます。

特に、浦野が虐待された過去を思い返して発狂するシーンは刑事・加賀谷(千葉雄大)とのやりとりと相まって迫力満点でした。

これもホラーやサスペンス映画を多く手掛ける中田監督の作品ならではですね。

見どころ2.刑事 加賀谷の過去

本作では、主人公・加賀谷の過去も作品の大事な要素となっています。

加賀谷と浦野の共通点である母親から虐待された過去、そんな過去に彼女・美乃里(白石麻衣)とともに向き合っていく過程、さらには加賀谷が警察官になった理由まで、加賀谷の過去を紐解くヒントが作品のいたるところに散りばめられています。

そのためここに注目し、加賀谷の置かれた状況や心情を感じることで本作をより楽しむことができます。

見どころ3.キャストの個性豊かさ

この作品ではユニークなキャスト陣も見どころとなっています。

ヒロインを演じる女優・白石麻衣さんをはじめ、最近話題の女優・今田美桜さんも出演しています。

さらに、芸人の方も多く出演しており、映画を見ていても「あっこの芸人さん出てるんだ!」と思うシーンがいくつかありました。

具体的には原田泰造さん飯尾和樹さんなどなど。

他にも個性豊かなキャストがそろっており、本作を楽しめるポイントの1つとなっています。

評価は?ネットの反応

ネットの反応を見てみると、全体的に高評価な印象でした。

話の展開が読めるといった声もありましたが、私個人としては最後の最後まで結末がわからず面白いと感じました。

以下ツイッターでの反応です。

まとめ

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」は見どころが多く、ネットでの評価も高めでした。

前作を観ていなくても楽しむことができ、映画館に観に行く価値は十分にあると思います。

スマホを落としただけで起こりうる、想像を超えたスリルをあなたも体感してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です