映画スティーブ・ジョブズの見どころは?おすすめな理由も紹介

映画スティーブ・ジョブズをご存知ですか?

映画スティーブ・ジョブズは、アップルの創設者であるスティーブジョブズが、会社を創り上げていく人生の一部を映画化した作成です。

スティーブジョブズが体験した、実話を基に作られていて、ビジネスに挑戦したい!と思っている方や元気を貰いたい起業家にはぜひいて欲しい映画になっています。

この記事を読めば、どんな魅力のある映画なのかわかるので、早速見ていきましょう。

映画スティーブジョブズとは

この映画は世界的に有名なアップルを創設したスティーブジョブズが、会社を立ち上げて様々な商品の開発に挑んでいく起業家の物語です。

スティーブジョブスが学生を止めて、親友のウォズニアックと共に、起業家としてあゆんでいく人生の一部を映画化しています。

映画スティーブ・ジョブズの基本情報は以下の通りです。

映画 スティーブ・ジョブズ 基本情報

上映時間

127分

公開年

2013年

製作国

アメリカ

おすすめ度

★★★☆☆

映画スティーブ・ジョブズのキャスト

監督

ジョシュア・マイケルスターン
脚本

マット・ホワイトリー

スティーブ・ジョブズ

アシュトン・カッチャー
ウォズニアック

ダーモット・マロニー

ジョシュア・マイケルスターン

アメリカのテレビ脚本家の一人で、今作の監督

アシュトン・カッチャー

アメリカの俳優兼声優の1人

映画オープンシーズンで、エリオットの声を努めている

ダーモット・マロニー

アメリカの俳優の一人

出演作品は、ゾディアックやダーティー・グランパなど

映画スティーブ・ジョブズのストーリー

映画スティーブ・ジョブズは、主人公であるスティーブジョブズが、iPodの商品発表を行うシーンから始まります。

そして話は、一気に10年以上前に遡り、スティーブジョブスが学生であったころの時代に移り変わります。

主人公であるスティーブジョブスは、自分が興味のある書式のデザインの授業そして、パソコンに感する授業も熱心に受けていくのです。

そして、学生を終えたスティーブはゲーム作成の会社に就職しますが、周りとの協力が上手くいかず、自分勝手に動き回ります。

「自分のチームが欲しい!自由にやりたい」スティーブは全て自分の自由にならないと気がすみません。

そんなスティーブは親友のウォズニアックの部屋で、制作途中の1台のパソコンに出会います。

そのパソコンはウォズニアックが自作した物で、未完成でしたが、性能が高く、スティーブはそのパソコンを販売するビジネスを行うために、地元の発表会に参加します。

そこで、初めてのクライアントである、ポール・テレルに出会い、パソコン100台を作成することになるのです。

【登場人物説明】

スティーブ・ジョブス

アップルの設立者であり、この物語の主人公。

破天荒で自分の思い通りに、様々なことを進めようとします。

スティーブ・ウォズニアック

天才的なエンジニアであり、アップル1とアップル2の開発者。

アメリカでは、ウォズの魔法使いと称賛されており、国家技術章も受賞しています。

ポール・テレル

アップル社に初めて仕事の依頼を持ちかけてくる家電量販店の店主

映画スティーブ・ジョブズはビジネスをやる人・やっている人におすすめ!

スティーブ・ジョブズは、ビジネスをやる人・やっている人におすすめな映画です。

この映画を見ていると、あの有名なアップルも初めはこうだったのか!と勇気が湧いてくるのです。

この映画がなぜビジネスをやる人におすすめなのかその理由は、以下の3つの理由があります。

映画スティーブ・ジョブがおすすめな理由1.ビジネスに挑戦する勇気が沸く

とにかくビジネスに挑戦しよう!という勇気が湧いてきます。

スティーブは初め親友のウォズニアックと共に、実家のガレージを作業室変わりにして、作業をすすめるのですが、その様子は今のアップルからは想像できないほど小さな部屋なのです。

そんな小さな部屋から、あの世界的大企業でるアップルに成長したと思うのと勇気が湧いて来ませんか?部屋の様子は、ぜひ映画を見て確認してみてください。

映画スティーブ・ジョブズがおすすめな理由2.しつこさの大切さが分かる

ビジネスでの成功に必要な、しつこさを学ばせてくれる映画でもあります。

作品のなかで、スティーブは新商品を買い付けてくれる新たなクライアントを探して、電話をかけまくるんです。

数十社に電話するのですが、断られてもなお1つの会社に対して、100回を超える電話をしつこくかけます。

もちろんガレージで起業するような、小さな会社であった当時のアップルは相手にされず、苦戦するのですが、そのしつこさのある営業のおかげで、大きな額の取引を得ることに成功。

どんなに断られても馬鹿にされても、やりたいことはしつこさのを通して諦めない!

そんな、粘り強さとしつこさの大切さを教えてくれます。

映画スティーブ・ジョブズがおすすめな理由3.好きなことを続ける大切を知れる

この映画がおすすめな理由の1つに、「好きなことを続ける大切さをしることができる」という点がああります。

映画の中ではもちろん、実際のスティーブジョブズも「私は好きな物事しか続けられない、と確信している。何か好きなものを探しなさい」と名言を残しています。

何かに挑戦するというのは、良い結果を出そうとするのではなく、面白いこと続けて結果的に利益に繋がる。そんな好きなことを見つけて、挑戦する思いを高めてくれる、名言が沢山詰まった映画です。

記事のまとめ

今回は有名な世界的企業であるアップルの創設者、スティーブ・ジョブズの人生を描いた映画を紹介してきました。

映画 スティーブ・ジョブズは、ビジネスに挑戦する心や、好きなことをこだわって続ける大切さがわかるおすすめの映画です。

ぜひきなった方は、一度映画を見てみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です